キャンプ場レビュー@白糸オートキャンプ場(福岡県糸島市)

福岡市&白糸の滝から、良アクセスのキャンプ場。
朝日が、、、美しい!

shiraito-camp-site01

こんにちは!
スタッフのオノでございます。

今回はキャンプ道具のチェック&撮影も兼ねて、糸島市の「白糸オートキャンプ場」に行ってきましたので、レポートしていきます!

 

木々に囲まれた、個室的オートサイトが魅力のキャンプ場

まずは、オートサイトのご紹介から。
shiraito-camp-site06

事前に電話予約。そして当日現地へ。

到着して目の前の管理棟(というか、オーナーさんのご自宅?)で、受付・支払いを済ませます。
管理棟の右隣りには、これまたオーナーさんの畑(笑)と、宿泊者が使えるコインシャワー室・トイレ。

個人経営のようで、なかなかのアットホームさ。
この日は話が弾んだからかご主人のご厚意で、採れたての「しその葉」をプレゼント頂きました!

 

shiraito-camp-site02

その管理棟の脇から奥へと伸びる↑の道が、各オートサイトへつながる一本道。
体感100m〜200mほどの道の左右に通常サイズのサイトが10、少し広めのサイトが4つの、合計14のサイトが点在。
スーパーロングのキャンピングカーがギリギリ通れるほどの幅・高さなので、普通の車であればサクサク入れるでしょう。

ちなみに、この日は私たちの他に3団体さんが宿泊されていました。

 

 

shiraito-camp-site03

私たちが泊まったのは最奥の右側。広めの1番サイト。
ロングサイズのキャンピングカーを入れても、これだけ余裕があります。
大型テントとタープ、車を入れて丁度くらいの広さでしょうか。

本気を出せば、けっこうゴージャスに過ごせそうです。

 

ちなみに通常サイズのサイトは、車と少し大きめテントで少しゆとりがあるほど。コテージ付サイトも、1つか2つありました。
この日の私たちは撮影がメインだったため、テントもタープも張らずの車中泊。

 

 

shiraito-camp-site04

水場も各サイトに完備。
宿泊費は一泊5,000円弱でしたが、さらに1,000円追加で電源コンセント(2口)も確保できます。
キャンピングカーにも給電でき、バッテリー残量を気にせず快適!

 

shiraito-camp-site05

隣のオートサイトとの間は、生い茂る木の壁。
声は少し聞こえますが、視界はある程度遮断されてて個室感覚で過ごせます。
原っぱタイプのキャンプ場が苦手な方には良いかもですね。

ただ、木が生い茂っている為、開けた景色はありませんが、木々の間から覗きこめば若干眺望が楽しめます。

空気はもちろん美味しいし、夜間は涼しく快適でした。

 

福岡市から1時間、夕方出発でも楽しめる

福岡市近郊の方にとっては、この点が一番魅力的かもしれません。

この日は、スタッフが通常業務を終えた18:30に出発したのですが、福岡都市高速の野多目インターから乗って、西九州自動車道経由で19:40到着。コンビニやスーパーに寄ってゆったり走った割には、「早くついたなぁ〜」という印象。

いやぁ〜、近い近い!

 

shiraito-camp-site07

疲れた仕事後の夕方出発でも、十分に到着可能な距離だと感じました。
16:00からチェックインできますが、遅くなる場合は予約時の相談で融通頂けると思います。

しかもなんと、チェックアウトが14:00。お昼ごはんまで食べてから出発できます。

 

祝前日からキャンプ場に入ってしまえば、1日休みの日でもかなりゆっくりできるのでオススメです!

うん、毎週行ける!笑

 

木に近寄りすぎると…

木々が生い茂っているので、夜間、極端に木に近い場所で灯りをつけると虫がかなり寄ってきます。飛ぶ方です。ピーク時はランタンが大変なことになってたので、画像は自粛いたします…。

木から離れた中央付近に灯りを固めると落ち着いたので一安心。逆に、宿泊したのは7月中旬でしたが蚊は少なかったです。

 

ちなみに、新入荷colemanのライスクッカーを試したのですが、前評判どおり簡単早くておいしくて…ハンゴウにもどれそうもありません。コンビニのちょっといいレトルトカレーが、ホテルのビュッフェ級に仕上がりました。

shiraito-camp-site12
(写真、右がライスクッカー)

 

白糸の滝まで5分!

「朝起きて、朝食食べたら、すぐ滝へ」

shiraito-camp-site08

白糸の滝、近いです。
夏場の連休期間は大混雑で地元の人は近づかないらしいですが、朝一のガラガラ時間帯からマイナスイオンを浴びてしまえば、渋滞を完全回避できます。

shiraito-camp-site09

そんなに早起きしなくても三文の得です。

 

滝以外にも、20分ほど走った「王丸の駅」パンやさんのアップルパイは絶品で、毎回買って帰ります。

shiraito-camp-site10

ブレてますが、中央上の長いやつです。
売り切れることもあるのでお早めにどうぞ。

ちなみに↑の白糸の滝渋滞ネタは、このパン屋さんのお母さんが教えてくれました。

 

まとめ

ということで、

  • 福岡市から1時間
  • 滝近い!
  • 林の中の個室

な白糸の滝オートキャンプ場。

帰り際に大正生まれのオーナーさんが記念写真を撮ってくれ、3分後には写真印刷に仕上げてくれます。これが一番驚きました。

ご興味ある方はぜひお試しください!

 

shiraito-camp-site11

撮り返させて頂きました 笑

 

 

白糸の滝オートキャンプ場

http://www2s.biglobe.ne.jp/~at_camp/autocamp.htm

地図を開く